男性不妊情報

バイアグラは勃起を維持する薬 その仕組みと気をつけることについて

前回、バイアグラを飲むとムラムラするのか!? では、バイアグラは勃起を維持させる薬であって、

 

勃起の開始には性的興奮が必要という事をご紹介しました。

 

ではバイアグラは何をしているのかというと、勃起を収束に向かわせるPDE5という物質(酵素)をブロックする事により勃起を維持するという効果があることもお話ししました。

 

今回はその仕組みをもう少し詳しくご説明しましょう。

 

 

 

上の図は私が神戸大学で医学生の講義を行っていた時に使っていたスライドの一部です。

 

トンボの顔のように見えますが、これは陰茎の断面です。

この様に陰茎海綿体は左右二つあり勃起時には真ん中にある動脈が弛緩することによって勃起が起こり、それにより周りの海綿体白膜がぴちっと張るため静脈の還流を阻害し勃起を維持しています。

バイアグラはこの動脈の弛緩を維持するのに役立つわけです。
ちなみに心臓の冠動脈が狭窄する狭心症に用いられるニトログリセリンも同様に血管を拡張する薬剤になります。

血管を拡張する事によって冠動脈の狭窄を改善する効果が得られるわけですが、バイアグラと同様の血管拡張作用があるため同時に使うと血管が拡張しすぎて低血圧などを引き起こしてしまい危険です。

そのためバイアグラとニトログリセリン併用禁忌となっています。

 

注意しないといけないのは、ニトロール®やニトロダーム®のように名前に「ニトロ」とついていないニトロ系の薬剤(シグマート®やアイトロール®)があるため、心臓に疾患のある方や高血圧で治療薬を服用している方は気をつけないといけません。

 

また最近は前立腺肥大症治療薬でも同系統の薬が出てきており、注意が必要です。

 

そのため、処方時には必ず併用禁忌薬が無いかどうか内服薬の内容を確認させてもらっています。
ちょっと話が本題からそれましたが、前回からのお話をまとめると
・バイアグラに性欲増強作用はない。
・バイアグラは血管拡張作用がある。

ということでした。
では、性欲を増強させる薬はあるのでしょうか?次回はその事についてお話したいと思います。

 

以前の記事もご参照ください

バイアグラを飲むとムラムラするのか!?

 

(文責:医師部門 江夏 徳寿、理事長 塩谷 雅英)

参考情報